Hooray! | アランの声を聴く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

アランの声を聴く

先日、果穂さんのブログにて記事になっていたCD。
私は、まだ持っていなかったし、興味津々だったので、ゲットしました!
(果穂さん教えてくれてありがと~♪)

Mike Oldfield: Tubular Bells 2Mike Oldfield: Tubular Bells 2
Celtic Bevy Band P.D. Scots Pipe Band Mike Oldfield

Reprise 1992-09-22
売り上げランキング : 57903

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ご存知の方が多いのかもしれませんね~。私は知らなかったのですよ!不覚!
アランは7曲目の「The Bell」において、楽器紹介をしています。
聴くまでは勝手な想像で、こうなんというか、流れるようなあの色気のある声を存分に
生かした感じ・・・なのかしら?と思っていたけど、もっと雄雄しいというか力強い感じでした。

YOU TUBEでもあがっています(画像はいろんなアラン画像)→コチラ

実際のライブでもアランは登場したわけではないようなのですが、音楽にノリながら
楽器紹介をしているアランを観てみたかったです~。(エジンバラ城でのライブだったようです!)

それと、このCDをポチついでにず~~~っと欲しいものリストに入っていたコチラもゲット。
When Love SpeaksWhen Love Speaks
Various Artists

EMI Classics 2002-04-23
売り上げランキング : 99366

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イギリスの俳優陣たちがシェイクスピアのソネットを朗読しているCDです。
アランのトコだけは持っていたのですが、CDとして欲しいなぁと思ってのゲットです。

こちらもYOU TUBEにありますよ~。→コチラ

追記には、シェイクスピアのソネットに関して少し書いてみました。

これ、何度となく聴いているのですが、特に意味を考えたこともなく・・・。
(というか聞き取れないしね)

で、少し調べてみました。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが。

壺齋閑話より)
ソネットは4つの部分に大別することができる。
1から17まで(若い青年に結婚を勧めている作品群)、
18から126まで(青年への愛を歌った詩篇群)、
127から152まで(ダーク・レディ詩篇と呼ばれるもの)、そして最後の2編(153と154)である。


アランが朗読しているのは、ソネット130なので、ダーク・レディにあてたもの・・ということになりますね。

  My mistress' eyes are nothing like the sun;
  Coral is far more red than her lips' red;
  If snow be white, why then her breasts are dun;
  If hairs be wires, black wires grow on her head.

  I have seen roses damask'd, red and white,
  But no such roses see I in her cheeks;
  And in some perfumes is there more delight
  Than in the breath that from my mistress reeks.

  I love to hear her speak, yet well I know
  That music hath a far more pleasing sound;
  I grant I never saw a goddess go;
  My mistress, when she walks, treads on the ground:
    And yet, by heaven, I think my love as rare
    As any she belied with false compare.


(壺齋散人訳)
  我が恋人の目に太陽の輝きはない
  彼女の唇より珊瑚のほうがずっと赤い
  雪が白いとすれば彼女の胸の色は薄墨色
  彼女の頭には黒い針金が生えている


  赤や白 まだら模様のバラを見たが
  彼女の頬にはどんなバラも咲いてはいない
  ある種の香りには彼女のはく息よりも
  かぐわしい匂いのするものがある

  私は彼女の話すところが好きだが
  音楽のほうがずっと快い音をたてる
  私は女神の歩く姿を見たことはないが
  彼女が歩くのは地面の上なのだ
    それでも誓っていうが 私の恋人は
    偽の比喩で褒めたてられたどんな女にも引けをとらない


アランの朗読だけを聴いていたら、もっとロマンティックな内容を想像してました。
この内容に、あの色っぽさは過剰すぎじゃ?(笑)

でも、最後の2行、いいですね。
歯の浮くようなお世辞を並べ立てられるより、ずっと誠実さを感じます。

アランのこの130もいいのですが、私が気になったのは、18~126までの青年への愛を歌った、というもの。

この青年というのは、1~17までの青年で、しかもシェイクスピアが愛したというダーク・レディと関係をもってしまったらしい!
ソフト腐女子(ハードは何?)としては、これらのどれかをアランに読んで欲しかったかも~。
有名どころとしてはソネット18のようです。


君を夏の一日と比べてみようか
  君のほうが素敵だし ずっと穏やかだ
  夏の荒々しい風は可憐な蕾を揺さぶるし
  それに余りにも短い間しか続かない
  時に太陽がぎらぎらと照りつけるけれど
  その黄金の輝きも雲に隠されることがある
  どんなに美しいものもやがては萎み衰え
  偶然や自然の移り変わりの中で消え去っていく
  でも君の永遠の夏は決して色あせない
  君の今の美しさが失われることもない
  死神が君を死の影に誘い込んだと嘯くこともない
  君が永遠の詩の中で時そのものと溶け合うならば
    人間がこの世に生きている限りこの詩も生きる
    そして君に永遠の命を吹き込み続けるだろう


このソネットが書かれた背景を考えながら読むと、こちらの方がずっと情熱的のように思えます。
アランがシェイクスピアだとしたら、この青年はジェイミー君がいいなぁ。

web拍手 by FC2

Pagination

Utility

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

emiママ

Author:emiママ
★ご訪問ありがとうございます!!
ここは英国俳優 Alan Rickman について私emiが綴るページです♪

★当ブログは2013年1月1日をもって情報更新を停止しましたが、記事は今までどおりお読みいただけますのでよろしかったら楽しんでって下さいね。

★アラン・リックマン死去につき最後の記事を更新しました。(2016.01.15)



since 2006.10.19.

このブログについて

ここは非営利、非公式のアラン・リックマンのファンブログです。管理人emiが個人の趣味で制作しているもので、アラン・リックマンご本人またはエージェント等とは一切関係ありません。掲載されている画像等の著作権及び肖像権はそれぞれの正当な所有者に帰属し、その権利を侵害する意図は全くありません。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

過去ログ

2016年 01月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【11件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【10件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【28件】
2011年 10月 【15件】
2011年 09月 【14件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【8件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【17件】
2010年 10月 【18件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【17件】
2010年 02月 【22件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【18件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【31件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【12件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【11件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【13件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【15件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【21件】
2008年 02月 【16件】
2008年 01月 【20件】
2007年 12月 【20件】
2007年 11月 【21件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【25件】
2007年 08月 【22件】
2007年 07月 【38件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【31件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【28件】
2007年 01月 【28件】
2006年 12月 【30件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。