Hooray! | ディセンバーボーイズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ディセンバーボーイズ

ここんとこ、自分の気持ちに余裕がないなぁ・・なんて珍しく考えたりして、ネットするのも何となく気が引けて・・。
たっくさんのアランが待ってるのにもったいない!!

そんな自分に余裕を取り戻そうと、映画館に行って来ました。
不死鳥以来の映画館。
およそ3ヶ月ぶりくらいかなぁ。

映画館って、あたりまえだけど映画に集中できる。
家で見るDVDとの大きな違いってそこだと思います。

で観て来たのは「ディセンバーボーイズ」です。
そう。
あのハリーポッター役のダニエル・ラドクリフが出演した映画です。

観ようかどうしようか、かなり迷っていた作品だったんだけど、近所の映画館で上映していたのと、楽しみにしていたkeiさんのこの映画のレビューがとてもステキだったので、観てみようかと思いました。

ディセンバーボーイズ1

あらすじ
マップス(ダニエル)、スパーク、ミスティー、スピットの4人は同じ12月生まれの孤児。
いつかは優しい家族に引き取られたいと願いながらも、すでに思春期を迎えた彼らは
その可能性が年々薄れていくことを感じている。
だが初めて孤児院を離れて過ごすことになったある夏に、あきらめかけていた”両親をもつ”という夢が現実になるーーーただし、ひとりだけに。(公式サイトより抜粋)


ディセンバーボーイズ公式サイト→コチラ
これ、あのダニエルが、初めてラブシーンを演じた作品!!ってことで、かなり話題になりましたよね~。
なんだかそういった噂みたいなのが先にたっていて、正直面白くなさそうだな~って思ってました。

でもね。
ブログ友達のkeiさんが、観た感想をブログにアップしたのを読ませていただいて、
なんだか自分が思っているのとは違うかも??って思ったのです。

そういった部分は映画全体からみると、ほんとにわずかだし、ひとつのエピソードに過ぎないわけです。
相手役の女の子は、ポスターだとイマイチだけど、映画の中ではわりと魅力的だと思ったし。

なにより、ダニエル以外の子役の子たちもかわいかった!!
この映画はこれにつきるかもしれない!
この子達がこれほど可愛くなく、演技もお粗末だったらやっぱり退屈な映画になっていたかもしれない。

この年頃の子って、エネルギーが満ち溢れてて、いつも飛んだり跳ねたり、がむしゃらに走ってみたり・・・。気持ちを態度で示したり、逆に態度に表せなかったり・・・。
映像もとても鮮やかで、エピソードも静かなものが多かったように思うのに、
この少年達のエネルギーがすごく感じられた映画でした。

ディセンバーボーイズ2

ディセンバーボーイズ3


この映画を観て、一番感心したのは、keiさんも言っていたけど、ダニエルがこの映画を「選んだ」ことです。

あれほどの超大作に出ているダニエル。
私達から見れば、魔法使いやら、CGを使っての撮影が「非日常」であるはずなのに
それが「半日常」になっているであろうダニエル。
そういう生活から少し離れた時「日常的」なものに魅力を感じたんじゃないかな~。

最後、ミスティーの選択は予想外でしたが、同時に安心も。
この頃の子供(もちろん子供だけじゃないけど)にとって、友達はすごく大きな存在。
でも、それってそのときには分からないものなのかも。
大人になってみて、それがいかに大切なものかが分かるんだよね。
ミスティーは無意識のうちにその「大切なもの」を感じ取っていたんだ、と思います。

ひさびさにあったかい映画を観れたかも。
近所の映画館では、来週には夜のみの上映になっちゃうので、その前に観れてよかった!



web拍手 by FC2

Pagination

Utility

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

emiママ

Author:emiママ
★ご訪問ありがとうございます!!
ここは英国俳優 Alan Rickman について私emiが綴るページです♪

★当ブログは2013年1月1日をもって情報更新を停止しましたが、記事は今までどおりお読みいただけますのでよろしかったら楽しんでって下さいね。

★アラン・リックマン死去につき最後の記事を更新しました。(2016.01.15)



since 2006.10.19.

このブログについて

ここは非営利、非公式のアラン・リックマンのファンブログです。管理人emiが個人の趣味で制作しているもので、アラン・リックマンご本人またはエージェント等とは一切関係ありません。掲載されている画像等の著作権及び肖像権はそれぞれの正当な所有者に帰属し、その権利を侵害する意図は全くありません。

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

過去ログ

2016年 01月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【11件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【10件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【28件】
2011年 10月 【15件】
2011年 09月 【14件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【8件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【8件】
2010年 11月 【17件】
2010年 10月 【18件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【17件】
2010年 02月 【22件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【18件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【31件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【12件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【11件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【13件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【15件】
2008年 04月 【14件】
2008年 03月 【21件】
2008年 02月 【16件】
2008年 01月 【20件】
2007年 12月 【20件】
2007年 11月 【21件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【25件】
2007年 08月 【22件】
2007年 07月 【38件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【31件】
2007年 04月 【31件】
2007年 03月 【32件】
2007年 02月 【28件】
2007年 01月 【28件】
2006年 12月 【30件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。